コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080409 Wed
かけおち 

かけおち 

説得を始めて1年ぐらいたちましたが、何も変わらず、
それどころか家族の関係が危機的なぐらい悪くなりました。

彼にも来てもらいましたが、「認めない」と言うばかりで並行線のまま。
このままこの家にいても何もかわらないだろう、という事で、家を出ることにしました。
説得できなかったのは残念ですが、しょうがありません。
やれる事はみんなやったと思います。

「家を出る」という事を両親に伝えました。
特に何も言わず「そう。」とだけ言いました。
もうしょうがないね、という感じなのだと思います。

新居はすでにあったので、そこに少しずつ荷物を運びました。
その時10月だったのですが、私の仕事の退職などの関係もあり、引越し完了は年末を目標にしました。

それからは、何だか家の中の緊張が少し解けたような感じになりました。
誰もが納得のいく結末じゃなかったけど、正直みんなほっとしたのだと思います。
私も、決めてしまったので気持ちは随分楽になりました。

最後の日、母は仕事でした。
私は退職したので、最後の後始末をしていました。
仕事に行く母に「今までありがとう」と言うと、母はひとこと「頑張ってね」と言いました。
後始末が終わり、家を出る時に父にも「今までありがとう」と言いました。
父もひとこと「頑張って」と言ってくれました。

認めてくれたとは思わないけど、両親の複雑な想いはすごく伝わりました。
本当に親不孝な娘だと思います。
だけど、この気持ちを無駄にしないように、絶対に幸せになって、絶対に認めてもらいたい。
その時そう思いました。

あれから、2年がすぎました。
両親には一度も会っていません。
しょうがないかな、と思います。
悲しいとかそういう感情になるより、まずは自分が頑張って両親に認めてもらいたい、という気持ちのほうが大きいです。
結婚前の出来事があったからこそ、今こうやって頑張っていられるのだと思います。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。