コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080328 Fri
結婚の挨拶 

結婚の挨拶 

説得の日々は続きました。
だけど、やはり並行線のまま。
根本的な考えが違うのですから、お互いの気持ちが理解できないのも納得なのですが。

彼の家には相変わらず行っていたので、
彼や彼の両親とも、どうしたら認めてもらえるのかを相談しました。
それまでに何度も彼や彼の両親が「家に行って話し合いをする」と言ってくれていたのですが、
私の両親なので私が説得したい、という気持ちがあったので断ってきました。

けれども私の家では話のたびに怒鳴りあいになることも増え、
家庭内の雰囲気が随分と悪くなりはじめてきたので、彼に来てもらうことにしました。

その日は、私も同席するつもりだったのですが、それは許されませんでした。
無理やりにでも乱入すれば良かったのですが、冷静な話は出来なかったかもしれません。
とにかく、彼の人柄を見て分かってくれるといいのだけど、と思っていました。

けれども彼が来ても何も変わらず、やはり「認めない」という事でした。
話し合い、というほども事もなかったようで、とにかく最初から最後まで「認めない」と言うばかりでした。
私の両親も随分感情的になっていたのかもしれないけど、せめてもう少し人柄を見るようにしてくれたら。
それが残念でありませんでした。

反対するのは分かります。
人の親になった今、もっと分かります。
だけど、普通の結婚をしたから幸せ、逆に、子持ちの人と結婚したから不幸せ、とは一概に言えないのじゃないかな・・・。屁理屈かもしれませんが。

彼が帰った後、もう家を出るしかないんだな、と思いました。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。