コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120823 Thu
温度差を感じる(2) 

温度差を感じる(2) 

※この記事は、温度差を感じる(1)の続きです

発達支援センターでは、私の感じていた「育てにくさ」が気のせいではなかった事、
逆に「こんなもんかな」と思っていた事が、「小6ではありえない」という事だったりして、
結果、やはり「発達障害」(アスペルガー・学習障害)の診断がつきました。
それまで「気のせいだ」と言っていた旦那も、テスト(WISC-Ⅲ)の結果を見せると、それでやっと理解してくれたようでした。

義母にも旦那と説明をして理解してくれたようですが・・・

それでもあまり変わらない、というか、変えない、と言うべきか・・・

実は旦那には弟がいるのですが、その弟も小学校時代は今の次男とそっくりだったようで、義母はいろいろ苦労したみたいです。(今でもちょっと個性的な義弟なんですが)
それでもなんとか乗り越えて、(今では結婚もし子供もいるので)何とかなったので、考え方が「まあ何とかなる」になってしまうのかな。

以前に次男の事を「あきらめて」と言った気持ちもわからなくはないのですが・・・

昔も次男みたいな子はいたと思うけど、今みたいに「発達障害」という言葉はなかったし、そういう子はただの「落ちこぼれ」「変わった子」などと見られていたと思います。
だから、親が「何とかする」しかなかったのだろうし・・・

だけど今は違って。
そういう診断もつくし、求めさえすればどんどん支援も受けられます。
「アスペルガーだからしょうがないね」と大目にみてもらう、と言うんじゃなくて、
「ちょっとした工夫で生きやすく」するための支援、を受けられるという意味です。

昔みたいに奔走して「何とかする」という方法もありかもしれませんが、研究も進んでいて支援もあるのだから、どんどん活用するべきでは?
私はそういう考えなのですが、どうも私(と次男)以外は腰が重い。

アスペルガーと認めたくないのではないと思いますが、義弟がなんとかなったし次男もなんとかなるだろう、という感覚なのかもしれません。

次男にとってベストな方法で支援していくのが一番だと思うのですが、なんだか温度差を感じます。

スポンサーサイト

Comment

みかんさんへ

from アカ
コメントありがとう(*^_^*)

そう、根拠のない自信。
しかもそれって結局母親である私がいろいろ奔走する羽目になるんだし。

「そんなもん」って言うけど、実際二人は学校に行ったり毎日の生活を見ているわけじゃないから、「そんなもん」なのかもわからないはずなんだけどね。

そのことにある日気づいて(遅い)センターに相談しに行ったんだけど、なんでもっと早く行かなかったんだろうって思ったよ。

すごく楽になった。することは変わらないけど、精神的に。
迷わなくていいことが、こんなに楽な事だったんだなって改めて思ったよ。

心配してくれてありがとうね。

Seaちゃんさんへ

from アカ
こちらこそご無沙汰していました。最近少し余裕も出てきたので、コメ欄開いてみました(*^_^*)コメント有難う。

そういえば、Seaちゃんさんとこは義母さんのこともあって・・・ってなってたよね。
うちも今回義母にはずいぶん気を遣って。発達障害支援センターに行くのも内緒にしてて、もし診断がついたら言おう、っていう事にしていたの。
義母に伝えた時あっさりと「そう」ってなってたけど、内心は動揺してるかも。私と二人の時はその話題しないし(笑)

次男が支援で変わってきたら、みんなの気持ちも変わってくるのかも・・・って思っています。
急には変えられないよね。

またSeaちゃんの話も聞かせてね。

はっきりと

from みかん
診断がついたことで、方向性がはっきりしてよかった面もあるよね。
私もアカさんに賛成だな。

義母さんやご主人は、多分あまり考えてないんじゃないのかなぁ…それこそ義弟さんのように生きてくれると根拠のない自信をもってる、期待をしているのだと思う。

でも今は時代が違うし、何より次男くんのためにもどんどん支援を受けた方がいいよね。

アカさんも考えすぎて煮詰まらないようにしてね。

こんにちは。

from Seaちゃん
ご無沙汰です。コメント欄開いてた♪
根底には障害児と認めたくないとかそういうのもあるんじゃないのかなぁ。
落ち着いたら書きますが、今うちも似たような感じで話が進んでいます。以前、長男のことでいろいろと手を尽くしながら、最終的には義母が、診断つけたくなかったのかな?と思うようなとこに落ち着いてしまって。
でも、やっぱ違うんだよねぇ。
うちはもう中学生だよ。
継母ってある程度客観的に見れるところもあると思うから、冷静とまでは行かずとも、そういうのわかるよね。
でも、やっぱ、男親と祖母って違うと思うー。
特に祖母もね。
うちも義妹が不登校だったりしたこともあって、それぐらい普通と思っていたのかもしれないな。

今のとこ、みな同じ温度差にうちはなってきたよ。
いきなり、こうでしたって言われてもなかなか考えや気持ちを変えられないのかもしれないよね。

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。