コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120228 Tue
叱るということ 

叱るということ 

2012年になり、結婚して6年が経ちました。
結婚した時、保育園年長・年中だった継子達は小6・小5に。
月日が経つのは早いねえ・・・

結婚も初めて、育児どころか出産もしたことないのにいきなり2児の子育て。
今思えばよくも無謀なことを始めたもんだ。(それを受け入れた旦那と義父母もよく考えたらすごいね)
でもそれは若さ(いや、決して若いとは言えなかったが)ゆえのパワーで突き進め、なんとか無事にここまでやって来れました。

6年たって少し落ち着き振り返ってみて思うことは、昔はすんごく怒ってたな、ということです。
いや、今もか・・・
でも怒り方が違うかな。
叱らないといけないのに、怒ってた、というべきか。

継子達が悪いことをして叱るんだけど、ギャーギャーなってました。
旦那にはよくヒステリーって言われてたな。
あんまり聞かないと手も出てたし。
(殴る、蹴るとかそういうのじゃないですよ、念のため)

あんまりにもギャーギャーなるんで、自分でもどうしていいかわかんなくて、
ブログに書いたり、ネットで調べたり、友人に相談したり、いろいろしましたが、おさまらず・・・

ギャーギャー怒ったって効果ないのは十分にわかってるんだけど、どうしても叱れない。
何故だろう、ってよく悩みました。

今はほぼないです。叱ること出来てます。(大人になったね!)
あれだけ出来なかったのに何故か?

それは三男のせい(おかげ)です。

三男が1歳になる頃。
いつものように息子(どっちか忘れたが)をギャーギャー怒って、その日はさらに平手打ち!
そしたら三男が自分の事じゃないのに火が付いたように泣き出して。

怒ってる私も、叱られてる息子も、
「三男くん(仮名)じゃないよ~」
とあやして・・・

それでなんかスッと冷めたというか、
『あ~、これをやったらいかんな~』
って心底反省しました。

旦那にはそれまで叱り方についてさんざん注意されていたけど、ちっとも聞けなかったのに!

でもそれは三男が自分の子だから・・・というのでもないです。

三男はいつも機嫌よくてほとんど泣いたり、ぐずったりしないのに、
火がついたように泣くということは本当に怖かったんだろうな。
1歳ぐらいってまだ人間というよりは動物に近い。(失礼・・・)
なんていうか、生き物の本能の叫びに感じた。
絶対やっちゃダメだ!というにのを全身で訴えられてる、すごい気迫です。

それから何回かそういうことあったけど、ギャーって怒ると三男も反応してギャーっと泣くので、
自然とそういう怒り方をしなくなりました。

ちなみに兄弟喧嘩で殴り合いになっても、ギャーっと泣きます。
なので三男は家族から「平和主義」と呼ばれている・・・

今は淡々と諭してる(説教)かな・・・
三男は横でテレビ見てたり、おやつ食べてたりですね・・・なんか落ち着いてます。
なので大丈夫(合格)なんだろうと。

あと、思うのは。
あの頃は、しょっちゅうキャパを超えてしまっていた、かな。
前述したように、結婚も初めてなのに、いきなり子育てですから・・・

結婚生活を送るのでも結構大変で容量が8割ぐらいいっちゃうのに、
そこにさらに子育てですから・・・
すぐ溢れるよねえ。
それでさらに不測の事態(子供を叱らなくちゃいけないような出来事)が起こると、もう冷静な判断なんてできません。

三男が生まれて、夜中に授乳したり、おむつ変えたり、夜泣きやら病気やら、その他いろいろ経験していくうちに、
自分のキャパが増えたんだろうな、と思う。
(そんな時に子供会の会長になったりしてね・・・すごい経験値アップだよ)

それで少しは余裕をもって叱れるようになったのかな、とも。

これから兄ちゃん達が大きくなるにつれ、さらにいろんな大きな事態になっていく可能性もあるけど、
一気にキャパを超えないよう、自分に深みを持たせられるよう精進したいものです。

子育ては修行だ~

スポンサーサイト

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。