コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100527 Thu
4年ぶりの実家 

4年ぶりの実家 

妊娠してから、旦那にずっと言われていた事がありました。

実家に報告すること

・・・

私は結婚を反対されて解決しないまま家を出て結婚したので(結婚式にも来てもらえなかった)
実家には4年以上帰っていませんでした。

事情を知ってる人達からは、
帰りたいと言えば普通に受け入れてくれるよ
と言われたりもしましたが・・・

でも結婚してから4年間一度も帰りませんでした。

決して帰りたくなかったわけではありません。
いきなりの子育てに戸惑い、悩み、毎日の慣れない家事にくたくたで精神的に不安定気味だったので、実家に頼れたら・・・と思う事何回もありました。
うまくいかなくて家出した時も、結局実家に帰れるはずもなく、打ちひしがれて帰ったり・・・
ママ友がお正月やお盆に実家へ帰るというのを聞いてうらやましく思ったり・・・
両親が病気か何かで急に死んでしまったら、と考えたり・・・

でも、やっぱり帰れなかったです。
普通に、ただいま、と言って受け入れてもらえるほど簡単にはいかない所まで行って、結局家を出たわけですから。
旦那と付きあってる時に反対されて1年ぐらいはずっとその事で両親ともめていました。
その間家族の関係は冷えきり、殺伐とし、本当に最悪な状態でした。
もうあかん、というとこまできて(このままいくと誰かが精神的にまいるか、事件になるか)しょうがなく家を出たわけです。

普通に、ただいま、ではすまない溝が、そこに出来てしまいました。

家を出た時は、いつか必ず認めさせてやる!みたいな気持ちでしたが、
自分が実際に子育てをしてみて親の気持ちになると、両親の気持ちが痛いほど分かりました。
私って親不孝だなあ・・・と。

1年目の父の日、母の日にそれぞれ贈り物をしました。
すると、ありがとう、とメールが来ました。
毎年贈り物をするごとに、メールの内容が少しずつ増えてきました。

結局、私たち親子は意地っ張りなんです。

これはきっと時間が解決してくれるのだなあ・・・と。
そう思って、いつか会える日を楽しみに頑張りました。
自分の中では5年たったら会いに行ってみようと思いました。

そしたら5年目に妊娠しました。去年の11月頃のことです。
その少し前に手術していて、それを待ってたかのように妊娠しました。
タイミングといい、なんだかこのお腹にいる子がいろんなきっかけを持ってきてくれたみたいでした。

つわりがおさまった頃に思い切って両親に手紙を書きました。
妊娠した事や、今までの事、親になる事の大変さ、など正直に。

そしたら連絡があって、妊娠したのをとっても喜んでいてくれました。

そこからトントンと話が進み、GW中に実家に帰る事になりました。
実に4年ぶりです。

家を出てからも妹とは頻繁に連絡を取り合っていたので、実家の様子は分かってるつもりで、わりと冷静にいられると思ったけど、
母の顔を見たとたん玄関で大泣きしてしまいました。
お腹に子供がいるのに、やっぱり私は両親にとってはいつまでも子供なんだなと思いました。

母はニコニコして、よく頑張ったね、と言ってくれました。
それでなんだかこの4年間のいろんな事が報われたのだなと思いました。
その後、父にも会い(また大泣きでした)いろんな話をしました。
普通に旦那や息子達の話も聞いてくれたし、やっぱり時間が少しずつ私たちのかたくなな心を溶かしてくれてるのだなと。

ほんの半日という時間だったけど、本当に充実した時でした。
また頑張るという力になりました。

おかげで産後は実家に帰れることにもなったし、何よりも両親にとって初孫になるお腹の子を抱かせてあげる事ができるのは嬉しいことです。

今回は、一人で帰ったけど、いつかは旦那も息子達も一緒に帰れるよう。
少しずつ、少しずつ・・・

スポンサーサイト

Comment

かりんさん

from アカ
本当にありがとう。
4年間あっというまだったような気がするけど、両親の顔を見ると年月がたったのだなあと実感します。
両親の支えがない間、かりんさんがいろいろサポートしてくれたからここまでこれたのだと思う。
本当にありがとう。
これで心おきなく出産を頑張れます。

(T▽T)

from かりん
良かった!本当に良かった!!!!
私まで大泣きだよ~(><)
涙が止まらないです


Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。