コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100526 Wed
母親学級 

母親学級 

8か月まで母親学級のことなんかすっかり忘れていたので、行ってきました。
最初は行かなくても大丈夫だろうと、思っていたのですが、やっぱり行くのと行かないのとでは全然違うみたいなので、慌てて予約。

私が行ってる産院では全3回あります。

1回目が28週までの妊婦さんが対象だったのでちょっと焦りました。(その時すでに28週・・・)
でも行ってみたら、余裕で30週超えてる人もいたし、私はまだまだ早いほうだったので、なーんだ、って感じ。
一応28週(7ヶ月)までの人が対象だったので、それまでの過ごし方なんかを習うのですが、ほとんどが8ヶ月以上の人ばっかりだったので、そういうのはすっとばし、分娩時の呼吸法なんかを習いました。

この産院では、ソフロロジー法という呼吸法での分娩が行われているそうです。
(ソフロロジーについてはコチラから→日本ソフロロジー法研究会
分娩時の呼吸法といえば、ラマーズ法しか知らず(しかもちゃんと知ってるわけでもなく・・・)あの、ヒィッ、ヒィッ、フーとかいうやつ?
ソフロロジーの説明を聞いてたら、ヨガみたいで、やってると宗教チックでなんか洗脳されてるような・・・(失礼)
最初は少し拒否反応があったのですが、ソフロロジーの呼吸法をしてるとお腹の赤ちゃんがよく動くので、これはきっといいんだろうなあ・・・と。
そこからはすんなり受け入れられました。

2回目は28週からの妊婦さんが対象。
でもやはりほとんどが30週以上のひとばっかりで中には37週の人も・・・正期産だね。
ここでもソフロロジーのやり方を習い、あとDVD(ソフロロジー法での出産)を見たり。

印象的だったのは、赤ちゃんが産道をどうやって通ってくるかの説明。
分娩の時って、お母さんだけがいきんで頑張るのかと思ったら、赤ちゃんも協力しているらしい。
生まれやすいよう自分で横方向に回転しながら産道を通ってくるのだそう!
それは知らなかった!
出産って本当に神秘的。

3回目は両親学級。
これは最初あきらめていたけど、たまたま旦那との予定がうまく合ったので。
これはよくあることだけど、旦那さんが妊婦体験(8キロぐらいの妊婦着ぐるみみたいなのをつける)したり、
どんな事(家事など)を旦那さんに協力してもらってるかを話し合ったり。

それでうちは妊娠前から何も変わらなくて、悪い意味じゃなく、前から協力的だったので、(洗いものとかよく手伝ってくれるし)
本当にそういうのはありがたいなあって、再認識しました。
感謝の気持ちを忘れないよう・・・

あと、お腹の赤ちゃんは外の声がどのくらい聞こえているのか?という実験のDVDを見せてもらい、
すんごく聞こえてる事がわかってびっくり!
話しかけるって大事なんだなあ。

結局、終わってみれば全3回すべて参加という優等生(てかヒマ人?)
行って良かった!という感想です。
知らない事いっぱいありました。
私は女だから出産の事分かる(出来る)ってもんじゃないんですね。
もし出産前で行っておられない方はぜひ。
不安もかなり解消されると思います。(腹がすわるというのか)

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。