コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20081115 Sat
手術、その後・・・(追記あり) 

手術、その後・・・(追記あり) 

最近、病気ネタばかりで恐縮です(>_<)
みんな病院行きまくりなので医療費がすごい!
やっぱり健康って財産よね

さてさて、旦那の手術その後です。

当日、緊張しながら病院へ行った旦那(笑)
ついて行こうかと思ったけど、多分中に入れてくれないだろうということで、私はついて行くのやめました。(ていうか、たいしたことないのに、つきそいってのもね)

めずらしいとのこと(大きさ的に?)で、他の科からも先生が見に来ていたらしく、わいわいしながらのにぎやかな手術だったそうな(笑)
緊張している旦那にすれば、迷惑な話かもしれないけど、笑えます(。・m・)プププ

局部麻酔をして、いざ摘出。
特に痛みもなく簡単にとれたようなのですが、とってからもまた大騒ぎ(笑)

先生は、「めずらしい!」とかいいながら、写真撮ったり、ものさしで測ったりしていたそうです。
旦那も見せてもらったそうですが、乳白色のおまんじゅうみたいだったそうな。(なんだかおいしそうね)
脂肪のかたまりだと普通は黄色っぽいそうです。
大きさは5.5センチありました。(結構大きいね)

すごいのは、そのおまんじゅう(笑)に毛細血管があったこと!(生きてる?)
先生が(おまんじゅうを)メスで切ってみたそうなのですが、中身がドロっとしたものではなく、そのまま(ゼリーみたい)だったそう。
なんなんだろうね?
検査に出して調べてくれるそうです。

15年かけてこれぐらいの大きさになっている事を考えると悪性のものではなさそう、とのことだったので安心しました。
9針も縫ったので、傷が痛々しいのですが・・・、まあとにかく無事に終わってよかったです(*^^)

その後・・・

傷が化膿する事なく抜糸も無事すみました。
傷跡をきれいにしたい場合はまだ何ヶ月か通わなくちゃいけないらしいのですが、
普段全然見えないとこだし、まあいいか~ってことで。
面倒くさいっていうのもありますね(^^ゞ
だけどちゃんと通院すると傷跡をきれいに出来るらしいです。(さすが形成外科!)

そして検査の結果、「神経線維腫症」という皮膚(?)病気の一種なんじゃないかということでした。
さらに検査に出すそうなので、もしも本当に悪いものだったら連絡があるとのことでしたが、今の所何の連絡もないので、まあ大丈夫なんでしょう~(いいかげんね(*^^))

だけど、ネットで調べたら難病っぽいことが書かれていたのでちょっと心配。

スポンサーサイト

Comment

from アカ
>みかんさん

おまんじゅうです(笑)ハイ・・・
見たかったです。
写メ撮ってきて~って頼んだけどね。
まあそんな場合じゃないよねきっと(*^^)

コメントありがとう~

>かりんさん

すっかり研究材料となっていた旦那です(笑)
まあお役に立ててよかったのかも?

肺炎のことはね、周りでも聞いてみたんだけど意外にあるもんだね。
だいたい「気がつかなかった~」っていうのが多かった。
うちは私が母になってからは病気はほとんどしなかったので、(というかさせないよう頑張ってたかなあ)ちょっとショックだったのね。
「大きい病院へ行って入院させたほうがよかったんじゃないか?」っていう人もいたりして、なんか責められたような気になって落ち込んだりもしたんだけど・・・

今は、自分の判断でよかったなって思うよ。
39度もあって苦しそうなのに、大きい病院へ行ったら長時間待たされてかわいそうだし・・・
それに自分が信頼しているかかりつけ医だからね。
なんかあったらきっと大きな病院を紹介してくれると思う。

まあ、あんまり他人の意見に振り回されないようにします(^^ゞもちろん良いアドバイスは聞くけどね。

コメントありがとう~

>ぴっぴさん

15年って長い・・・まるで「夫婦」だね(笑)
取れたら取れたで、少しさみしいような・・・
「お別れ会(まんじゅうの)」すればよかったね・・・って(笑)

コメントありがとう~

from ぴっぴ
すご~い!
是非わたしも見せてほしかった(笑)

悪性じゃなくて良かったね。
でも15年ってすごいよねぇ。
そこまでくると、本当にいよいよにならないと病院に行く気にならないものなのかな。

お大事に!

from かりん
もはや、見せ物的な(笑)
しかし毛細血管あるとか、ナゾの生物みたいな趣もあtって研究心をそそるよね~(>▽<)

15年放置ってのもすごいけど、悪性じゃなくて良かったよね!

そうそう!長男くんの肺炎の件ね、アカさんの責任じゃないよ。子供は肺炎って結構すぐになっちゃうよ。長女も次女も私もなってるし(私は子供じゃないけど!!)
それで私は責任感じなかったもんな~(ひどい?)
病院も色々な方針があるからね。次女をつれてく小児科は入院させない主義なので、私がアカさんとこに行くの中止になった二日連続点滴も、本来は確実に入院なのよ。
入院っていっても親がいないと泣き喚く子もいる。付き添いたくても完全介護だと付き添えない。そうすると子供がベッドに拘束されたりしちゃうし可哀想だよ(TT)
大きい病院が入院させるのは、とりあえず検査しながら原因をさぐるってのが大きいから。うちの近所の市民病院もとにかく入院させてしまうのだ^^;
それは決して良い事ってわけじゃないよね。

小さい病院でもかかりつけで名医なら大丈夫よ。「もう、ここでは駄目!大病院へ!!」って事態になるとキチンと紹介してくれるわけだし、そうなるまでは地元の小児科が一番だと私は思う。

長くなっちゃった。
子供の病気って本当に対応が大変だけど、アカさんは子供の気持ちも考えてるし、ちゃんと看病してるんだし大丈夫よ!テキパキと事務的に処理するのだけが看病じゃないよ!!アカさんは立派!!!!

from みかん
へえー!
そんなに珍しい物だったんだね。
てかおまんじゅう(笑)
アカさんもいってれば見られたのに、惜しかったかも?
うちの夫も皮膚科に行かせてみるよー。

9針縫うなんて痛そう(>_<)
お大事にね!

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。