コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090930 Wed
家族構成 

家族構成 

入院、手術するにあたって、事前にいろんな書類をかかなくてはいけなくて。
その中に、「家族構成」(家系図みたいなのを書く)というのがあって、それをどうしようか悩み中・・・

そけいヘルニアの手術方法を決める時に、「今後妊娠出産希望か」みたいなことを聞かれたんです。
(産んだことがある、ないだっけな?とにかく、それによって手術方法が変わるみたいでした)
なので、「子供がいないので・・・」と答えたのですが、その時一瞬、息子たちの事を言ったほうがいいのかな・・・と迷いました。(結局言わなかったのですが)

お医者さんが知りたいのは、私が子供を今後産みたいかどうか、ということであって、継子がいるとかいないとかは関係ないかな・・・と思ったので。

昔は言ってたんですよ。関係ないかな?、と思っても。
例えば学校の担任とか、病院とか。
でもなんか聞いた方は、ちょっと引くというのか、「しまった」みたいな顔をするんです。困ったような。
だから、最近はなんか面倒で、よっぽどのことがない限り言わないのですが。

でも入院の書類で「家族構成」を書かなくちゃいけないことがわかって・・・
「子供がいない」って言ってたのに、長男、次男って書いてたら、なんか変だよね。
よく考えたらお見舞いにも来るわけですから・・・
聞かれるだろうから説明しないとなあ。なんだか余計面倒なことになってしまった・・・

スポンサーサイト
20090928 Mon
鼠径(そけい)ヘルニア(診察編その2) 

鼠径(そけい)ヘルニア(診察編その2) 

結局、「異常なし」ということで、(ちょっと安心、でも少し不安(かなり不満))2、3日様子を見ることに。
でも立ち仕事が続くとふくらんだ部分の皮膚が引っ張られて痛むので、やっぱりまた病院へ。
悩みましたが、同じ病院の今度は外科へ行きました。

診察の時に先生がふくらみを一目見て、「鼠径(そけい)ヘルニア」かな?と言って、さっそくエコーで見てくれました。
「鼠径(そけい)ヘルニア」とはいわゆる「脱腸」のことらしいです。
(鼠径(そけい)部の皮膚下に腸の一部が飛び出て、押すと戻ったりする・・・怖)

実は、気になってネットで症状を調べたことがあり、疑われる病気の中に「鼠径(そけい)ヘルニア」もあったのですが、乳幼児と40代以上の男性が多いということだったので、違うだろうと思っていたのでした。

一緒に画面を見ることが出来たのに、私にはさっぱりわからなかったのですが、やはり「鼠径(そけい)ヘルニア」ということでした。
あのぽっこりは「腸」っだったのか~と思うとショックでしたが、エコーで見た結果、私の場合、腸が出てるのではなく、水がたまってるということでした。
念のために、ということで、他の部分にも水がたまってないかを詳しくエコーで診てくれました。
どこかの先生とは大違いだ
結局、たまっていたのは右鼠径(そけい)部のみでした。

「鼠径(そけい)ヘルニア」は手術以外に治る方法はないらしく、緊急性はないものの、嵌頓(かんとん)と言って、腸が戻らなくなると緊急手術しなくてはいけないようです。

私の場合、出てるのが腸ではないので、戻るとか戻らないとかは関係なさそうですが(私の場合は水だから押しても戻らない)いずれは水ではなく腸が出てくる事もあるだろうから、やはり手術したほうが良い、ということでした。

たまたま10月頃が暇だったので、思い切って手術することにしました。
その場で予約もしちゃいました。
というか、家に帰っていろいろ考えると手術にふみきれなさそうなので・・・(ヘタレです)

手術方法は一般的に医療用のメッシュ(?)みたいなもので穴(腸が出る)をふさぐのが多いらしいのですが、私の場合は、穴を縫い縮める方法(服のほころびを繕う感じですかね)でやるようです。
今後、子供を産む・産まないで(産んだ事があるか・ないか、だっけな?うろ覚え~)手術方法が変わってくるみたいです。
そもそも30代女性がなることはあまりない、とのことでした。

そのあと、手術の説明を聞いたり、手術前の検査をしましたが、実はあんまりよく覚えていません。
思ってもいなかった病気であまりにもビックリしたのか・・・
今思えば、たまってたのは何の水なのか?なぜ私の場合は腸じゃなく水が出てた(たまってた)のか?ていうか、乳幼児でもない、中年男性でもない私がなぜ?などいろいろ疑問に思うこともありますが、とにかく手術まではもう行くことがないので、入院したらまた聞くことにします。

手術には縁がないと思ってたから(前回もなくなったし)いざするとなると不安なものですね。
日数があるだけに不安は募りますが・・・なんとかなるもんでしょうね。きっと。
せっかくなんで、しっかり記憶してブログのネタにしてやろうかと思います。

手術編はまた退院後・・・

20090926 Sat
鼠径(そけい)ヘルニア(診察編その1) 

鼠径(そけい)ヘルニア(診察編その1) 

この前病院で、鼠径(そけい)ヘルニアと診断されました。

2、3日前から右鼠径(そけい)部(太もも付け根の下腹側あたり)に、打撲痛のような痛みがありました。
sokeizu.jpg

私はせっかち者なので、体のあちこちをよくぶつけます。
だから、これもそうなんだろう(変な場所だけど)と思って気にもしていなかったのですが・・・
次の日起きたら、その部分がプクっとふくれていました。
押したら痛みますが、普通にしていれば痛くもなんともないです。

旦那は場所が場所だけに心配になったのか、すぐ病院に行け!と言いましたが、
日曜だし、救急に行くほど痛いわけじゃないので、様子を見ることに。

次の日の朝、ふくらんでいたのがぺたんこになりました。
やっぱり打ち身だったのだなあ~と思ってたら、起きてしばらくするとまたプクっとふくらんできました。
なんだかそれが気持ち悪かったので、やっぱり病院へ。

生理が重いのと子供がなかなか出来ないこともあり、婦人系の病気かも・・・と思い、婦人科へ。
違う病気だったら他の科にまわしてもらえるだろうということで、いつもは行かない総合病院へ。
(過去に総合病院ですごく嫌な目にあったので、個人病院主義の私)
先生に症状を伝え、内診とエコー、子宮がんの検査もしてもらいました。

痛いところを訴えたのですが、どうやら寝てるとへこむみたいで、「何もないね」と言われました。
「起きると出てくるみたいです」とも言ってみましたが、結局診てもらえず、内診、エコーの結果を聞き(異常なし)排卵誘発剤の注射をしてもらい帰りました。

以下↓個人的な不満(見たくない人はスルーしてね)
※反転すると見えます

エコーの結果を聞いてる時に、右の卵胞が腫れていると言われたので、「(そけい部のふくらみは)そのせいですか?」って聞いたんだけども、「そんなに腫れることはない」と言われた。
「じゃあ、なんなんだよ!ちっとも診もしないで!」と言いそうになるのを抑えて、「じゃあ、ちがう科なんでしょうね・・・」と言ったら、「そうですね」で終わり。
どこの科に行けば~みたいな事も言われなかった。
もう何も言う気にもなれなかった。この先生と話をしていてもずっと平行線のままなんだろうな。
もし不妊だって分かってもこの先生にはお世話になりたくななあ。

やたら「基礎体温をつけましょう」みたいなことだけを言われた気がする。
確かに、子供が出来ないことも悩みだけど、それ以前に変なとこがぽっこり腫れてきてよくわかんなくて不安だからそれメインで来てるのに・・・。
隣の市が産科の医師不足で制限診療してて、その影響ですごく忙しいんだろうとは思うけど(診てもらってる間もバタバタしてたし)痛いところを具体的に示してるのにちっとも診ないなんてどうなんだろ。


その2へ続く

20090925 Fri
最近のこと 

最近のこと 

お久しぶりです。

前回の記事を見たら4月でした。
こんなに更新しなかったのは初めてかも、(いや、結構あるかも(笑))です。

中途半端なのが嫌で、ブログやmixiもやめてしまおうかとも思ったり、いろいろ試行錯誤もしましたが、
結局、「私はこういうペースでいいや」と開きなおりました。
無理しないのが続けるコツなんだろうな。

マイミクさんの日記読むばかりで、なかなかコメントできず申し訳ないです。
(もし気に入らなければ、マイミク解消してもらっても構いませんので・・・ほんとすみません・・・)

さて、最近のことですが・・・

次男の事で児童相談所へ行くことになりました。
発達障害の疑いが出てきたからです。
でも、面接の予約が1カ月待ちということで、順番待ちです。
その間、なんだか不安・・・

あと、私の事なんですが、来月、手術することになりました。
以前にも、そんな話があったのですが、それとはまったく別件です。
早急にしないと命にかかわる病気(?)、ということではないので、ご心配なく。
でも、成人女性にはめずらしい病気(?)らしいので、またそれは後日詳しくアップします。

それでは、またぼちぼちおつきあいくださいませ。

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。