コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090228 Sat
高尚な悩みの真実 

高尚な悩みの真実 

以前に書いた、長男の高尚な悩み↓
http://kotorinosubako.blog69.fc2.com/blog-entry-147.html

しばらく様子を見ていたのだけど、毎日浮かない顔・・・
別のことで注意をしたらものすごく不機嫌顔だし~ちょっと嫌な感じね。
そういうもんかと思ってやりすごしていたけど、それが何度も続くと、
「ちょっと!どうなんてんのよ!?」
とどやしつけたくなる。(それが私・・・。気が短くてごめんなさい)

この前も鍋の後、シメをうどんにして、(何の話だ)
熱くてうどんが取れないから・・・って言うもんで長男に取ってあげていた。
1回分がすぐなくなっちゃったので2回目を旦那が作ってくれている間に、たまった洗い物をしてたの。
洗い物が終わる前にうどんが出来ちゃって、長男が、
「は~や~く~!!(取って)」
って言うもんだから、なんかムカついて、
「それぐらい自分で取ってよ!こっちも忙しいんだから!」
と言ったら、あらら~ふてくされちゃって・・・
最近そんなんばっかだからもうほっておいたのね。

もう、こらあかんなと。
いい加減ガス抜きしてやらんと(モヤモヤの)
長男にはたまにある。

次の日、
「まだモヤモヤしてんの?」
って聞いたら、
「うん・・・。」
って、暗いなあ、もう。

わたし:「交換ノートは?」
長男 :「もうやめた」
わたし:「いいやん、(チョコもらえなかったこと)気にしなくても」
長男 :「コソコソしてるのが嫌で・・・」
わたし:「え?どういう意味?」
長男 :「(クラスの)他の子にコソコソして交換ノートするのがイヤなん。」
わたし:「ふられたとか関係なくて!?」
長男 :「うん。(なんで?みたいな顔してた~)」

どうやら私は、勘違いしていたみたい・・・(みんなにコメントもらったのに!ごめんね!)
長男が好きな子にチョコもらえなくてモヤモヤしてるんじゃなくて、
クラスの他の子に隠れて交換ノートをすることに罪悪感があってモヤモヤしてたらしいのだ。

な~んだ・・・
っていうか、マジメだなあ・・・
(それも心配)

長男いわく、
”交換ノートを一部の人たちだけでやると、(やってない)他の子たちから見れば嫌な気持ちになるだろう”
ということらしいのだ。
つまり、”誰にも嫌われたくない”のだと。

なんかわかるけど、それって無理。
世の中、好きな人もいれば、嫌いな人もいる。
それは誰にでも自分にもあてはまることであって・・・
誰にも好かれようとしたら、自分らしさはなくなってしまう。
それは自分にとって幸せなことなのか。
誰のための人生なんだろうねえ・・・


↑そんなような事を長男に言った。
そしたらなんか吹っ切れた感じになった。子供ってわかりやすい。

交換ノートもほんとは続けたかったみたいです。
自分がしたいことやりたい事を押し殺してすごしていたんだろうな・・・
そりゃモヤモヤもするよね。

旦那に言ったら、
「なんか社会人みたいな悩みやな!」
と言っていた(笑)(大学生からレベルアップ)

っていうか、私が最近まで悩んでいたことなんスけど・・・

それから長男、言いたくても言えないことがあって。

鍋の時、
「は~や~く~!!(取って)」
ってじゃなくて、
「は~や~く~!!(お母さんも一緒に食べよう!)
だったのだそう。

私もちょっとそうじゃないかな~と思ってたんだけど、あの時引っ込みつかなかったんだ。
「そりゃお母さんが悪かった!ごめんね!」
って言ったら、
めそめそ泣き出しちゃって・・・
それもガマンしてたんだね!ごめんね!

それからはスッキリな長男でした。

スポンサーサイト
20090224 Tue
お住まいどちら? 

お住まいどちら? 

次男の友達の住んでるところについて。

(次男)「○○くんなあ、”ホワイトハウス”に住んでるんよ~」

(私) 「ホワイトハウス?(アメリカの?まさか・・・)し、しろい家なん?」

(次男)「ちがうちがう!近くに新しい家が建ったやん!!」

(私) 「え、ま、まさか、”ダイワハウス”のこと・・・?」

(次男)「あ!そうそう!”ダイワハウス”やった~」

オバマと友達になるとこやった(笑)

20090220 Fri
高尚な悩み 

高尚な悩み 

最近長男(小3)の様子が変。
2月に入ってからなんだかぼんやりしてる。
忘れ物をしょっちゅうするようになって、勉強にも身が入らないみたい。
話もあんまり聞いてないみたいだし・・・、いつもとなんか違う。
疲れてるんかいな?と思って早めに寝させてみたけど、どうもそんなんじゃないみたい。

はっきりと確信したのは、バレンタイン前後ぐらいから。
好きな女の子がいるというのは聞いていた。(今時の子はなんでも話してくれるのね)
その子を含む友達何人かと「交換ノート」(昔で言う「交換日記」?)をしているらしい。
バレンタイン前は”「交換ノート」の順番がまわってきた!”とウキウキしていたのだが、
バレンタインが終わったら暗~い顔をしていた。つまりもらえなかった。
しかもその好きな子は、長男の友達を好きだったみたい!(あれま)

しばらくすると「交換ノート」もやめる(抜ける)と言い出した。
相当ショックだったんだろうな~。

昨日なんか夕食の時に、
”オレ、なんかモヤモヤしてる・・・”
とか言い出して(笑)
”子供っぽいからもうちょっとしっかりしたい”
みたいな事を延々と語っていた。

私と次男(小2)で、
”いや、そんなことないって!しっかりしてるって!”
”字もきれいやん!”(あんまり関係ないけど)
とか必死になぐさめていた。

早熟やなあ~。
旦那に言ったら「大学生みたいな悩みやな!」と言っていた。
はっきり言って私なんか今でも「もうちょっとしっかりしなくては・・・」とか悩んでるもんな~。

20090217 Tue
バレンタイン2009 

バレンタイン2009 

遅ればせながら、バレンタイン。
今年は、レタスクラブか何かに載ってた、「板チョコで出来るチョコレート菓子」というのを見て作りました。
いつもは「無印のバレンタインキット」
共通するのは”いかにラクしてたくさん作るか"ということです(笑)
なにせ我が家は男性の数が多いもので・・・
旦那、長男、次男、義父、旦那の弟(あげないわけにもいかないし・・・)義母(みんなに作るんだからね・・・)私(みんな食べるから私だけないのもね・・・)
というわけで、結局7ヶ・・・

今年も「無印」で責めようかと思ったけど、「無印」のはオーブンがないと出来ないものが多くて・・・
我が家にはオーブンがないのです・・・(買えよ)(去年も言ってたような)
種類が選べないし、毎年似たようなの(トリュフばっかり)になってしまう・・・

なので今年はもっとラクに出来そうなレシピを見つけたので(笑)そっちにシフト。
板チョコで作るので、溶かす温度とか気にする必要もなし。
身近にあるもんで出来るのでほんとラクでした。

vd (1)

チョコレートプリンです。

容器はモロゾフのプリンの容器を再利用♪(残しておいて良かった!)
耐熱のプリンカップをわざわざ買ったけど(100均だけどね)、モロゾフのプリン容器の方がうまく固まった!(さすが)
厚手の鍋で蒸すだけなので、オーブンもいらないし。

vd.jpg


ラッピングはクッキングシートをかぶせて、その辺にあったナチュラルなヒモで結んだだけ~

ビターチョコで作ったので甘すぎず、最後まで飽きずに食べられました。
かなり好評だったので、来年もコレにします(笑)

20090216 Mon
村上春樹さんのこと 

村上春樹さんのこと 



賛否両論があると思いますが、私は村上春樹さんのスピーチを聞き、日本人もまだ捨てたもんじゃないな、と思いました。
(同時期に、記者会見で酩酊した姿を世界中にさらしてしまわれた方がおられ、がっかりしていたところだったので)
久しぶりにすがすがしい気分になった。

やっぱり村上春樹さんはとっても素敵な人。

20090213 Fri
おこずかいちょう 

おこずかいちょう 

2月から息子達におこずかいをあげることになりました。

それまでも旅行の時など不定期にはあげたりしていましたが、価値をあんまりわかっていませんでした。
おつりをもらって「得した!」とか言って喜んでたし(笑)
コインゲームばっかりしてお土産が買えなくてぐずったり・・・。
いろいろありましたが、次男が算数で3ケタの計算を習ったのと、お金を上手に使えるようになってきたので、定期的におこずかいをあげることにしました。

ただし、タダではあげません。(世の中そんなにあまくない)
お手伝いを毎日きちんとすることが条件です。

長男は宅配牛乳を毎朝取って来ること。
次男は新聞を毎朝取って来ること。

毎月1日がおこずかい日です。
この前初めてのおこずかい日でした。

おこずかいをあげるのと同時に「おこずかいちょう」をつけることも教えました。

kozukai.jpg

画像を見て気づく方もおられるかもしれませんが、
これは「おこずかいちょう」ではなく、会社で使う「金銭出納帳」です(笑)
探したんだけどなかったのよ~!
最近の子供は「おこずかいちょう」とかつけないのかな?

まあこれに慣れてくれればしめたもの。
これをきっかけに将来、税理士とかになってくれればもうけもんです(母の野望)

悪戦苦闘しながらつけていますが、わりに楽しそうな感じにも見えます。
いつまでちゃんとつけてくれるやら。



20090210 Tue
カランコエ(その後) 

カランコエ(その後) 

以前に書いたカランコエですが、花が咲きました!

karannkoe.jpgkarankoe.jpg

ほんとはすごくきれいなピンクなのですが、携帯カメラではうまく撮れませんでした(泣)
(誰か上手な撮り方後存知でしたら教えて下さい・・・)

karankoe (2)

こちらの方がうまく撮れたのですが、少し色味が違います。
実際は1番目の写真の色に近いです。

寒い冬にこんなきれいなピンクで心躍りますが、鉢が豆腐パックなので、それだけが残念・・・

20090206 Fri
見直ししろ! 

見直ししろ! 

昨日すごくショックな事があった。
去年の秋ぐらいにヤフオクでチェックのおしゃれなゴム手袋を落札したんだけど・・・
前から使っていたやつがまだ使えたので、開封もせずずっと置いてあったの。
それが昨日破れたもんだから、ウキウキでチェックのゴム手を出したら・・・

両方ともでした(泣)

新品未開封って書いてあったんだけど開封してあったらしく、中のゴム手は市販のクリップかなんかで留めてあった。
きちんと袋に入っていてタグもあったので、到着してから確かめもせずほっておいたのが悪かったんだけど・・・

出品者に連絡を取ろうとも、去年の秋なので連絡も取れず、あきらめました。

これからは確かめないとね・・・
こんなケースもあるんだね。

息子達にはいつも、持ち物にしろ、勉強にしろ、
「見直ししろ~!!」
と、口うるさく言っていただけに、バツが悪いわ。
ナイショにしておきます(笑)

20090204 Wed
医療費控除 

医療費控除 

去年は、(家族の)医療費が10万円を越えました!
家族の(厳密に言えば、生計が一緒の家族)医療費が年間10万円を超えると、
確定申告で少し還付されるらしいのです。

我が家は、私が通院しているので(今は呼吸器科と皮膚科かけもち)、
年間結構な医療費がかかっていましたが、おととしもその前も10万円は超えませんでした。
去年は旦那の手術や、長男の肺炎などで、年の後半はすごかったです。

家族それぞれの医療費を集計してみました・・・

父ちゃん---25,270円
私--------43,040円
長男------32,570円
次男------ 9,990円

ダントツ私が1位(かけもちしてるもんで・・・)ですが、長男は肺炎で後半追い上げ、父ちゃんは手術で結構稼いで(?)います。
びっくりなのは、次男がほとんど病院へ行っていないということ。
内容も、歯医者と目医者だけで小児科はなし!
うーん健康だ(すばらしい・・・)

健康って節約なんだね。
計算してみてよく分かった。
年間10万って結構な金額だね。

確定申告はずいぶん昔に一度やった事がありますが面倒くさいので、会社の税理士さんにお願いする事になりました。
いくら返ってくるのかな~♪と思いながら、何かの雑誌を読んでたら、
ちょうど医療費控除の特集が載ってて、よっぽどの高額じゃないとたくさん戻ってこない事が判明!

ちなみに我が家の場合は500円ぐらいしか戻ってこないみたい・・・
なんか税理士さんに申し訳なくて(汗)
もう渡してしまったのでどうしようもないけど、はずかしいです!

20090202 Mon
帰らないわけ 

帰らないわけ 

この前ステマム4年目突入しました。
私は結婚を反対されて結局理解を得られないまま結婚したので、ずっと実家に帰れませんでした。

家を出た日、
「かなしいことだけど、3年がんばって、”しあわせだよ”と胸を張って帰ろう!」
と心に決めました。

この3年間いろんな事があったけど、”しあわせ”なのは間違いないです。
だけど、3年たっても正直あんまり自信がありません。

それは結婚するまでの私に原因があるのです。



小さい頃、病弱だった為、両親にはずいぶん心配をかけました。
あんまり叱られた記憶もないです。
やりたい事は何でもやらせてもらえたし、わがままを通していました。
理系の大学を目指して勉強していたのに、高3の2学期で美大への突然の進路変更。
美大へ行く為の塾へも行かせてもらったけど、高3の2学期から頑張ったって美大なんか受かるわけない。
かろうじて田舎の短大の美術コースだけ受かりましたが、田舎だから嫌だと蹴って、大阪のデザインの専門学校に入りました。
特別何かを目指していたわけじゃないし、ただなんとなく2年間をこなしていました。
卒業後、就職難(超氷河期の時代です)の中、デザイン事務所に就職できたものの、3ヶ月でやめました。
それから1年ぐらいバイト暮らしで、服屋さんにあこがれてアパレルに就職。
だけどそれも2年ぐらいでやめて、次は雑貨屋さん。
でも2年で体を壊し入院。
退院後はしばらく自宅療養をして、結婚するまで派遣OLとして働いていました。
(そこで出会ったのが、バツイチ2人の子持ちの今の旦那です。)




仕事も続かないし、恋愛もダメんずばっかり。
人生設計なんかほとんどなく、はっきり言って感覚で生きていました。
物事を気まぐれで決める事がほとんどだったので、仕事も続かないし、恋愛も全然ダメ。
30前にもなって自立も出来ないし(貯金もない)何にも出来ない。

それでいきなりバツイチ子持ちの男性と結婚すると言うのだから、そりゃ反対されるに決まっています。
私がもし母の立場だったら同じように反対すると思う。(自分で言うのもなんだけど)
旦那が結婚前、私の実家に挨拶に来た時に、私の両親が、
「うちの娘は何も出来ないから、絶対うまくいかない」
と何度も言っていたそうです。

今までの私の人生を見ていればそう言うに決まっています。
自分でも「私ってダメ人間だ」と思っていたので、反対される事に反発しながらも、しょうがないなとは思っていました。
だから、帰らずに頑張っていこうと誓いました。
そういう姿を見てもらえれば、納得してくれるんじゃないかなと思ったのです。

「出来る」と言って認めてもらうのは簡単です。
だけど今まで「出来る」と言って両親を何度も裏切ってきました。
その度にがっかりだったと思う。
だから今度こそはがっかりさせたくないです。

今の生活が私の人生の中で初めて「継続している」ことなのです。
たった3年ですが、私の中では、こんなに続けられることがうれしい。
だけど、まだ3年という感じは否めないから、もうちょっとがんばります。

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。