コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080416 Wed
ちいさなしあわせ 

ちいさなしあわせ 

息子達は少年野球をしています。
最近、練習が1日中なので、練習着がドロドロ・・・(-"-)
しかも洗っても落ちない。(グラウンドの土は落ちにくいって聞いてたけど)
漂白したり、いろいろ試してみましたが、どれも効果はあまりなく。
ネットで検索したらすごそうなのがあったので、早速注文。
昨日届きました。

P1000082.jpg
(名前からして効きそうな感じでしょ?(笑))

週末の洗濯が楽しみ♪


スポンサーサイト
20080411 Fri
子離れ 

子離れ 

4月に、長男が小3、次男が小2になりました。
私が母になったのは、長男の入学前なので、あっというまに2年がすぎたのだなあとびっくりです。
それでもいろんな事があったのは忘れていません。

神経質な長男。
入学したての頃は、ランドセルに教科書を入れる順番を決めていて、
違う順番だと癇癪起こしてよく泣いてたっけなあ・・・。

マイペースな次男。
忘れ物、なくしものはしょっちゅう。
毎日のように先生に連絡帳に書かれていた・・・。

渦中は必死ですが、振り返るとどれもみんな良い思いでです。
そしてそう思えることが母としての自信につながるのかもしれません。

ところで、長男は最近反抗期(かも)
何につけても「こうしたほうがいいんじゃないの?」とかアドバイスをしてきたつもりですが、
本人にしたら小言にしか聞こえないのかもしれません。
反抗的な態度にこちらもついつい熱くなってしまうのですが、いつも後悔です。

全体的に見れば、「まあいいじゃないか」というくらいな事ばっかりなので、
そろそろ本人に任せてみてもいいのかな・・・と思います。
もちろんほっておくのではなく、見守るのですが・・・。
その見守ることが難しくて。
ついつい口を挟んではうっとうしがられています(笑)

子離れしなくちゃなあ・・・。

私ももう少し自分の時間を増やしたほうがいいのかもしれません。

20080410 Thu
みなさまありがとう 

みなさまありがとう 

ブログ拍手、コメントやメッセいただきありがとうございます。
いつもすごく噛みしめて読ませていただいています。
ほんとこんな見ず知らずの私の事、真剣に考えて下さって、私は本当に幸せものです。
ほんとうにありがとう。
感謝しています。
また明日からもステップマザーがんばります。

20080409 Wed
かけおち 

かけおち 

説得を始めて1年ぐらいたちましたが、何も変わらず、
それどころか家族の関係が危機的なぐらい悪くなりました。

彼にも来てもらいましたが、「認めない」と言うばかりで並行線のまま。
このままこの家にいても何もかわらないだろう、という事で、家を出ることにしました。
説得できなかったのは残念ですが、しょうがありません。
やれる事はみんなやったと思います。

「家を出る」という事を両親に伝えました。
特に何も言わず「そう。」とだけ言いました。
もうしょうがないね、という感じなのだと思います。

新居はすでにあったので、そこに少しずつ荷物を運びました。
その時10月だったのですが、私の仕事の退職などの関係もあり、引越し完了は年末を目標にしました。

それからは、何だか家の中の緊張が少し解けたような感じになりました。
誰もが納得のいく結末じゃなかったけど、正直みんなほっとしたのだと思います。
私も、決めてしまったので気持ちは随分楽になりました。

最後の日、母は仕事でした。
私は退職したので、最後の後始末をしていました。
仕事に行く母に「今までありがとう」と言うと、母はひとこと「頑張ってね」と言いました。
後始末が終わり、家を出る時に父にも「今までありがとう」と言いました。
父もひとこと「頑張って」と言ってくれました。

認めてくれたとは思わないけど、両親の複雑な想いはすごく伝わりました。
本当に親不孝な娘だと思います。
だけど、この気持ちを無駄にしないように、絶対に幸せになって、絶対に認めてもらいたい。
その時そう思いました。

あれから、2年がすぎました。
両親には一度も会っていません。
しょうがないかな、と思います。
悲しいとかそういう感情になるより、まずは自分が頑張って両親に認めてもらいたい、という気持ちのほうが大きいです。
結婚前の出来事があったからこそ、今こうやって頑張っていられるのだと思います。

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。