コトリノスバコ

コトリノスバコ

のんびりやっています
つぶやき

プロフィール

kotorinosubako

Author:kotorinosubako
2006年1月、初婚でいきなり2児の母となりました。
毎日いろんなことがありますが、自分が選んだ人生なのだから楽しくすごしたいと思っています。
----------------------------------------------------
mixiで初婚のステップマザーのためのコミュ
「初婚でいきなりステップマザー」をしております。
初婚ステマムで興味ある方は一度のぞいてみてくださいね☆
----------------------------------------------------

最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索

RSSフィード
リンク
携帯からもチェック!

QRコード

FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20071029 Mon
はろうぃん 

はろうぃん 

義母の代理で「フラワーアレンジメント教室」へ行ってきました。
今回は「ハロウィン」がテーマのアレンジでした。

P1000060.jpg
(ほんとにむずかしかったよ・・・)


オレンジのワックスペーパーをかぼちゃの形にまるく作ってから、
お花をさしていきます。
すごくむずかしかったです(-_-;)

教室の人といろんなお話する余裕すらなく、
あっというまに時間が終了~。

家ではぐったりしました(笑)
すごい集中力!(またまた家のことを忘れました)
気分転換になりました。

息子達が喜ぶかな?(ドキドキ)と思っていたんですが、
学校から帰っても特に反応はなかったので(-_-;)
自らアピっていました(笑)
(でもお花よりも、横にそえてある「ミニかぼちゃ」に反応していましたo(´д`)oァーゥー)

旦那はもっとひどくて、
玄関にバーンと飾ってあるのに

「お母さんの作ったやつ(アレンジ)はどこ?」

って聞いてました・・・。(どこから家に入ってきたのさ!?)

男の人ってそんなもんですよね(ー。ー)フゥ

スポンサーサイト
20071015 Mon
お料理教室に行ってまいりました 

お料理教室に行ってまいりました 

------------------------------------------------------------------
しばらく更新が滞っていました。
前回の「反省文」がわりと自分ではショックだったみたい・・・。
でもコメントやメールやお手紙で励ましてくれた方たちのおかげで、
またがんばることが出来ます。
いつもありがとう。
------------------------------------------------------------------

念願のお料理教室(」゚ロ゚)」ウオー!

mixiでお世話になっているコミュで紹介してもらいました。
ほんとmixiの普及率ってスゴイ・・・。

二人の息子の母ながら、(しかもまだ小さい)のに、
夜に習い事!
すっごく迷いましたが、旦那の「行っておいで」で即決(ほんとありがてえ(-∧-))

人数は全部で24人と聞いていたので、どんな広い所でするのかと思えば、
3つの調理台しかなく、ひとつの調理台で8人ずつ!(多すぎ(笑))
初め不安でしたが、あぶれることなく(笑)いろんな作業をやらせていただきました。

メニューは、

---さんまのおろし煮
---くらげ入りなます
---松茸ごはん

ryori (2)
(ほんとにうまかった・・・)


さんまなんて、焼くしか知らないしね!
魚もさばいた事ないから、(いつもスーパーで内臓とってもらってるし)
勉強になりました((φ(-ω-)カキカキ

レシピもあったんだけど、先生が時間によっては省いたりして、
そんなアバウトな感じも良かった。
これこそ家庭料理ですな(-_-)ウーム

おなかいっぱいになりました♪

来ておられた方は、やはり独身女性が多かったかな?
中には独身男性や、うちの父ぐらいの年齢の方もおられました。
mixiでお世話になってる方達にも初めてお会いしましたが、
(mixiで知り合った方に会うのは、今回が2回目です)
本当に今風のかわいらしい方達でした('-'*)

そんなこともひっくるめて、本当に楽しかった!
またまた家の事みんな忘れちゃったよ。
いい気分転換です。

20071008 Mon
長男が反省文を書かされた・・・その2 

長男が反省文を書かされた・・・その2 

その1より続き・・・

ちなみに、
長男は「反省文」を学校で書いて、すでにA君に渡していました。
A君はすでに帰ってしまい、「反省文」はA君宅にあるようです・・・


「反省文」の事は納得いかないものの、
とにかく悪いことをしたのは長男ですから、
それはそれとしてすじを通さないといけません。

事前に義母と話したおかげで、A君の家に着く頃には、すっかり落ち着く事ができました。
「反省文」はともかくとして、とにかく謝る事です。

チャイムを押すと、A君の弟が出てきました。
その時のA君の弟の顔!
すごく誇らしげでした。(一生忘れる事はできないと思う)
そこでまた何か引っかかる感じがしたのですが・・・。(何か不気味な感じがした)

その手には例の「反省文」が・・・。
そこでまたムカムカしてきたけど、ぐっと押さえ、
A君のお父さんを呼んでいただきましたが不在でしたので、
A君のお母さんが出てこられました。

「何かうちの子がしたようですが・・・」
と言うと、
やはり長男が言ってたように、長男が言った事でA君の弟が傷ついた、ということでしたので、
長男と一緒に謝りました。(でもやっぱり、A君のお父さんは、長男が言ってた事を直接聞いていないみたいだけど・・・)

それから、「反省文」を返してもらったのですが・・・。
B5ぐらいの白い紙に一行
『もうあんなこといいません』
と長男の字で書いてあり、
『もういじわるしないのなら(A君の家に)きてもいいよ』
とA君の弟の字(でも多分、A君の字・・・)で書いてありました。
(ていうか、行きたくないし・・・)

ほんとそれ見て情けないやら、なんともいえない気持ちになりました。

A君のお母さんは、
「反省文」の事も言っていましたが、そうするのは当たり前みたいに言っていました。
そして、
「長男の言い方がきついから、自分の子供が傷ついた」
というような事を言っていましたが、
じゃあ、朝わざわざ大人が登校班へ乗り込んで、その事に関係の無い子供達の前で、
「反省文書け!」と言われた長男は傷つかないのかな・・・。
悪いことをしたら、何されても良いというのかな・・・。

A君のお父さんの行動、A君のお母さんの言葉、
A君の弟のあの誇らしげな顔、そして、息子が「友達」だと言ってるA君は知らんふり・・・。

ほんと怖かったです。(気持ち悪いというか・・・)
でもそれが普通のことなのかな?

言い方は悪いかもしれないけど、
正直、「あんな事で、こんな事されるんだ・・・」
というショックな気持ちが大きいです。

うちは下にまだ男の子がいますが、
しょっちゅう押されたり、たたかれたり、引っかかれたりケガが絶えません。
仲間はずれにされたり、悪口言われたり、喧嘩もします。
もちろん逆もあると思います。

だけど、それが男の子なんだと思うし、全然気にしていません。
本人も気にしていませんし。
そうやって人間関係の勉強していくんだと思っています。

ちなみにA君の弟とうちの次男が一緒の保育園の時、
A君の弟が一方的に次男にケガをさせました(ケガと言っても引っかき傷ぐらいですが)
その時もわざわざ言ったりしませんでした。

そういうもんだと思ってたから・・・。

だから、すごくショックでした。
親を通さないで・・・っていうのも、仕返しみたいで怖いし。

謝った後、
「これからも仲良くしてね」って言われたけど、
「遊ばないで!」って言われたほうがどれだけ良かったか!
A君の親の言う「仲良く」っていうのが、
「自分達に都合良く仲良くしてね」って言ってるように思えてならない!

けれど、長男はそれでもA君の事は「友達」って言っています。
「反省文」を書かされたのはとても嫌だったけど、
悪いことをしたのは自分なのだし・・・という事もわかってるようです。

だから、
「A君とは仲良くするな!」
とも言えないし、
「仲良くしなさい!」
とも言いませんでした。

どっちかに決めてしまうと、
長男の逃げ道がなくなるから。
小2って「友達」と意味がまだなんとなくわかるような、わからないような、
そんな感じだと思うので・・・。

ただ、「A君と(その弟も)遊ぶ時は言葉に気をつけてね」
それだけ言いました。

あとは見守っていくしかないです。

次の日、
「今日はA君とは遊ばない」
と言った長男。

なぜなら、「まだA君のお父さんに「許す」」って言ってもらってないから・・・だって!
A君はA君のお父さんに「(長男を)許すか許さないか聞いてない」だって!
A君は長男を友達だと思ってないみたいだけど・・・!?(ていうか何様だ!)

20071004 Thu
長男が反省文を書かされた・・・その1 

長男が反省文を書かされた・・・その1 

(心におさめておくつもりでしたが、どうしても納得出来なくて夜も眠れそうにないので・・・)

長男(小2)が、長男の友達(仮にA君とします)の親に反省文を書かされました。
もうこれだけでムカムカきてしまうのですが・・・。
でも事の発端はうちの長男にあるので、しょうがないと言えばしょうがないのですが、
そのやり方にすごく疑問があるのです。

------------------------------------------------------------------------------------------

A君の親は以前から、息子とA君の間でトラブルがあると、すぐうちに文句を言ってきました。
そりゃ、長男はやんちゃな子供です。
A君のランドセルにふりかけを入れたりしたこともあります。(中身をぶちまけた)
それはもちろんいけないことだし、本人と一緒に謝りに行きました。

そこからA君の両親は長男に目をつけるようになったのかどうかは知りませんが、
やれ「おたくの息子にきつい事を言われた」だの
「もう少し優しい言い方は出来ないのか?」」だの
とにかく、(特に言い方の面で)言われる事が多いです。

長男は言い方がきついかもしれません。
主張がはっきりしてるし、(ようするにガキ大将タイプかもしれません)口も悪いし、
わがままだし(自分が一番じゃないと嫌)声が甲高い(本当にキンキンうるさい)ので余計です。

長男は、私が来るまで大人ばっかりの中で育ってきたので、
何でも自分が一番でした。
だから、友達関係においても、「自分が一番じゃないと気がすまない」ようです。
次男や、自分より小さい子や、主張できない子に対して、きつく言ったりします。
それでは人間関係をうまく築いていくことなんてできないから、
その都度注意したり、叱ったり、諭したり、とにかくいろいろやりました。
長男のためにはならないし、何よりも周りのお友達も迷惑でしょうから・・・。

小学校にあがってそのA君と遊ぶようになってからは、なおさら気をつけるようにしました。
A君の家には何回も謝りに行ったりしました。
長男もA君のお父さんに叱られたりすることもあったみたいです。
まあでもそれは有難い事なのですが・・・。

でも、だんだんその辺りからちょっと「?」と思うようになってきて・・・。
長男はA君はもちろん、他にいろんな友達がいますが、
A君の家のように、しょっちゅう文句言ってくるっていうのは他にはないのです。

一時、あんまりにも文句を言われるもんだから、
こっちも神経質になって、A君以外のお友達のお母さんに聞いた(長男の様子を)事があります。
そしたら、「子供同士の事なんだし、お互い様~」と言われました。

それで安心しててはダメなんでしょうが、
考えてみれば、長男は口は悪いが、暴力をふるってケガをさせたりっていうのはないです。
また陰湿にネチネチといじめたりっていうのもないようです。

いろいろやってるうちに、長男もだんだん落ち着いてきて、
多少は人の気持ちも考えられるようになってきたし、A君の家からの文句もなくなりました。
2年生になってクラス替えがあり、違うクラスになってあまり遊ばなくなった、というのもあったのかもしれませんが・・・。

------------------------------------------------------------------------------------------

先週のある日の夕方でした。
学童保育へむかえに行くと、次男が長男に「反省文がどうのこうの・・・」と言っていたので、何のことか聞くと、

「長男が(その前の日に)悪いことをしたので、A君の父親(旦那)が怒って、長男に反省文を書いて!」
と言ったそうなのです。
それもその日の朝、A君の父親がわざわざ登校班の集合場所に行って、長男に言ったそうなのです。

聞いた時、「反省文!?」と思って、ほんとムカムカきてしまいました。
しかも私も旦那も全く聞かされてなくて、本当にびっくりしました。

よくよく聞けば、
長男がA君とB君と遊んでる時にA君の弟が来たのですが、
長男がその時、A君の弟に「今日は一緒に遊べない」と言ったそう。
言われたA君の弟が、家に帰って「(長男が)遊んでくれない」と言って泣いたそうです。

確かに悪いのは、「仲間はずれにした長男」ですが、
聞けば、悪意があってそうしたのではなく、
「最初から、3人(長男とA君とB君)で約束していたから、遊べないと言った」
そうなのです。

そこですごく悩みました。
確かに仲間はずれは良くない!
だけど、子供がそういう風に言う事ってないですか?
長男とA君ともう一人の友達B君(仮名)は同級生(小2)なので、
二つ下のA君の弟に対してそう思ったのかもしれない・・・。
「友達と仲良く!」って言っても、まだもう少しわかっていない年齢だと思う。
決して悪意があって言ったわけじゃないのかな・・・とも思えるんだけど。
間違ってたら、その都度、教えていくしかない・・・。わかるまで根気よく・・・。
でもそれは私が親だから?

結局、私はその場にいたわけじゃない。
だから、長男が悪気があったわけじゃないというのは、直接言った言葉を聞いてないからわからない。
どっちかわからない。
けれども、言われたほうにすれば、その言葉で傷ついたのだから、こっちはもう謝るしかないですよね。

でも考えてみれば、
A君の親も、長男の言葉を直接聞いていないのです。
だけど、本当かどうか考える前に、
自分の子供の言う事だけで、
長男に「反省文を書いて!」と言ったのです。
(しかも旦那と私には何も言わないで、長男に直接・・・)

確かに長男は悪いけど、そんなやり方っておかしい!
大体、A君の父親が長男に直接言ってる時点で、フェアじゃない気がするんですが。
悪いほうは何やられたって良いってことですかね・・・。
子供の責任は親も一緒に取るもんだと思うし、今までだって何回も謝りに行ったのに。
らちが明かないから、親をスルーして直接子供に?
そんなに頼りない親でしょうか。
こちらは今まで変な言い訳ひとつせず、きちんと対応してきたつもりですが・・・。

それですごくムカムカきて、
むかえに行ったその足で、A君宅に乗り込もうとしましたが、
やっぱり冷静にならねば・・・と思い、一旦自宅へ。
そこで、義母に相談すると、
「A君の父親はちょっとおかしい人かも」
と言ったので、自分の考えは間違っていなかったのかなと思いました。

「でも、そもそも(長男が)そんなこと言わなければ起こらなかったことだから、
ここは、(遊ばない)と言ったことだけを謝りに行ったほうが良い」
と言われました。
確かに、考えてみれば、長男がまいたタネですから・・・。しょうがありません。

そして、
「反省文のことは触れないほうがいいよ。おかしい人かもしれないから、深入りしないほうがいいかも」
とも言われました。

それも納得です。

A君の親(父親)はもしかしたら、切羽詰ってるのかもしれません。
自分の子供を守る事に。(長男から?)

何度も謝りに行く度、
「もう、うちの子とは遊ばないで!」
っていつ言われるかな?と覚悟していました。
だけど、毎回「また仲良くしてやってね」って言われました。
それは本当に有難い話なのですが・・・

そのうち、長男が、
A君のお父さんに「言い方がきつい」って言われる・・・
と何度も言うようになってきていました。

その辺で何か長男に対して執拗なものをうすうすと感じてはいたのですが・・・。

そういや、上級生達と一緒に混ざって遊んでる時にA君とトラブルになって、また文句言われた時、
上級生の親には「あまりよく知らない人だから今回は様子を見ます」と(私に)言って、結局うちだけ謝らされたな・・・。
確かに長男はA君に悪い事をしたし、謝るのは当然なんだけど。(何だかすっきりしないぞ)

今回も考えてみれば、
一緒にいた、弟くんの兄であるA君や、友達のB君には何もなかったようです。

でもうちの場合、
もしも次男が同じように仲間はずれになって泣いて帰ってきたら、
まず、仲間はずれにした子供よりも、兄である長男を叱ります。(過去にもあった)
「なぜ、弟をかばってやらないんだ!」と。
また次男にも「理不尽な事に立ち向かう事」を教えます。
結局、いつまでも親がかばってあげられないし、
そこが大事なんじゃないの?と思いますが・・・。

(でも悪いのは言った長男です。それは間違いない!!)(でもねやっぱり、何だかすっきりしないぞ)

とにかくすぐ謝りに、行きました。

その2へ続く・・・

(長くなってすみません・・・)

20071002 Tue
子供達と暮らし始めて1年 

子供達と暮らし始めて1年 

気がつけば、息子達と一緒に暮らし始めて1年ぐらいになっていました。

同居の経緯がややこしいので、説明すると(自分も忘れてるよ)

---2005年12月末 実家を出て旦那と同居(息子達は隣の義父母の家で暮らしている)
---2006年01月末 旦那と結婚・入籍(息子達は(私が慣れるまで)引き続き義父母の家で暮らす)
---2006年10月   息子達も一緒に暮らし始める

考えてみれば、
旦那が結婚前に家を建て(しかもそれは結婚の為ではなかった(-_-;))
そこで一人で気ままな独身生活を送っていたのも変だけど!

ほんとなんとまあ、「行き当たりばったり的」な経緯ですが・・・。
とにかく1年です。

本当に長かったれす(ー。ー)フゥ
2、3年はたってるような気がします。

息子達と一緒に暮らす前も、義父母の家に行っては、
勉強をみたり、食事をしたり、寝かしつけたり、と普通に面倒を見ていたので、
その2重生活的な事がしんどかったかな、思えば。

その間に、義母に息子達を取られてるような気になって荒れたりして、
同居にまでこぎつけたわけですが。

そこからはそこからでつらかったなあ。
食事のマナーがすごく悪くてそれが一番苦労した(-_-;)
息子達が喋りすぎてお味噌汁やお茶をテーブルにぶちまけたり、
朝御飯に1時間もかかったり、本当大変でした。
特に次男は酷くて、保育園に最低9時半には入らなくちゃいけないのに、
いつも10時すぎに行ってたなあ。(保育園の方によく、やめろって言われなかったよなあ)

今は二人とも小学生ですが、起きてからほぼ1時間で用意をし、学校へ行っています。
すげえ~進化だなあ。

子育てとはそういうもんかな。
ほんと毎日の積み重ねなんですね。
私もずいぶん気が長くなりました(笑)

私には自分が産んだ子供がいないので、
お腹の中で育てて行く事から、5、6歳までの事をすっ飛ばして、
いきなり子育てですから。

今思えば、良くやるよ(ー。ー)フゥって感じですかね。
ほんと修行になりました(笑)

まあ、これからもっといろんな事があるのでしょうが。
ここまで来れたのは、周りの人達の支えがあったからだし、
それから、ネットで知り合えたたくさんの仲間達がいてくれたおかげです。
自分だけではないのだなあという気持ちが、
どうしようもなくせっぱつまった時に、
前向きに考えられるよう大きく働いてきたような気がします。

ああ、ほんと継母バンザイ!
意味不明ですが、今はそんな気持ち。

これからも宜しくお願いします。

20071002 Tue
お礼状-季節の贈り物をいただいた時編 

お礼状-季節の贈り物をいただいた時編 

巨峰を送っていただいてので、お礼状~。
頂き物の度にいつも文面を考えなくちゃいけないから、こうして保存しておく事にしました。
メモですのでスルーしてやってください。

oreijyo.jpg


つたない文面ですが、機会あれば利用してやってください。

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。